『パッセンジャー』

先日、『パッセンジャー』を観てきました。

 


映画 『パッセンジャー』 予告

 

宇宙船で120年かかる惑星への移住の旅、乗客とクルー全員冬眠して過ごすはずが、一人だけ30年くらいで起きてしまって・・・というあらすじ。

予告ではあまり興味がなかったので射程外でしたが、仕事帰りに寄った映画館でたまたま上演時間が合ったので観ることに。

 

これが予想を裏切って面白かった。

まずクリス・プラッドが演じる男が一人先に起きてしまうわけですが、豊富な近未来SF描写の中を過ごすシーンは作る方もさぞ楽しかっただろうなと思わされる出来栄え。総イケア家具みたいな中を一人で過ごすのは個人的に非常に羨ましいパートでした。あの透明なハンガー欲しい。あとやたらフラットデザインな端末も。

 さらに、ジェニファー・ローレンスが出てきた辺り。

賛否両論で考えさせるような部分を用意していて、しっかりはまってしまいました。これは予告にはない要素だったので良い意味で裏切られたという感じ。

脚本もテンポ感が良くてあっという間に時間が過ぎていました。細かいことを言えば突っ込みどころはいくらでもあるのですが、それがさほど鑑賞の邪魔をしないあたり、ちゃんと起承転結をまとめてよく仕上がっているなあと思わされました。

 

ところで、映画の予告というのは結構考えものですよね。凄く良い予告につられて本編を観ると、予告の映像がほとんど全てだったりするのはありがちです。かといって予告の情報を絞りすぎると、映画に予想通りの出来と感想を期待しているような層からは予告だけで見切られてしまうかもしれません。実際本作の予告には私もそんなに惹かれていませんでした。

勿論そういった要因がありつつも、今回のように偶然本作のような良作を観ることができたり、逆もあったりするのもまた映画鑑賞の不思議な良さかもしれません。

 

それから、本作を観て一番感じたのは時間と距離について。『インターステラー』でも描写されていましたが、宇宙開発における最大の障壁といってもいいこの問題をどう捉えているか。これはSF映画においては最も興味深い要素の一つだと思います。こういうことを考えさせられたという意味でも本作は貴重な作品だったのかと。視点が増えるのは楽しいですね。

 

では今回はここまで。ありがとうございました。